ほどガヤ防災塾

もし保土ケ谷で大きな災害が起きたら、どうなっちゃうんだろう?

・一人で家にいるときに地震が起きたらどうすればいい?
・どこに逃げる?避難するべき?
・消火器ってどうやって使うの?

ここ数年のニュースを見ていると、地震や大雨や台風など、様々な災害リスクが高まっていることを感じます。
でも、いざという時に必要な情報や知識がないと動くことができません

特に保土ケ谷には大学生をはじめ一人暮らしの若者も多く、災害時には孤立してしまうことが考えられます。誰一人取り残さない地域防災を進めていくには、そうした若者や様々な関係者が協力しあえる関係づくりが大切です。

学生たちと一緒に保土ケ谷の防災について考え始めませんか?